アナポロン効果副作用


アナポロンにはどんな効果と副作用があるの!?


どーも!
モテる身体デザイナー
チャンピオンプロテインマンです。

アナポロン(anapolon)はオキシメトロンが主成分の蛋白同化ステロイドです。

「よくわからん」
「それって実際なんなの?」
「テストステロンとどう違うの?」

と、こんな風に思いますよね?
チャンピオンプロテインマンも最初はこういう疑問を持ちました。


だからそんな疑問に答えます!

調べても調べてもなかなか欲しい情報が見つからない。
そんな現実を知っているから、ここにしっかりまとめときます。


アナポロン効果副作用


まず、蛋白同化ステロイドというのは、
人工的に作った蛋白同化作用を促進させる薬のことです。

テストステロンには蛋白同化作用の促進っていう効果がありますよね?
しかし、同時に男性化や女性化といった副作用も持ち合わせています。
この副作用を抑えつつ、蛋白同化作用をより強力に促進させる薬を作ろう!
そういう意図で開発されたのが蛋白同化ステロイドなのです。


だから蛋白同化ステロイドはテストステロンよりも強力
蛋白同化作用を促進させるという特徴があります。

つまり、筋肉増強効果が高いのです!
タンパク質がどんどん筋肉に変わります。


特にオキシメトロンを主成分とするアナポロンの筋肉増強効果
他の蛋白同化ステロイドと比べて圧倒的に高いことで有名です。


チャンピオンプロテインマンが聞いた話だと、
2ヶ月間で10キロ以上も体重が増加することもあるらしいです。。。
普通に筋トレだけしていて、2ヶ月で10キロのバルクアップはまずあり得ません。


しかし、いいことばかりではありません。


アナポロンに含まれるオキシメトロンは、
効果が高い反面、副作用も強いのです。

そもそも
「副作用のリスクを減らして効果だけを高める」
そういうコンセプトで作り始めたのですが、
結局出来上がったのは効果も副作用も強い薬でした。


結局どこまでいっても「男性ホルモンであるテストステロンの類似化合物」なので、
男性ホルモンによる作用も生じてきます。
だから摂取量によっては男性化も女性化も起こります。
他にもにきびができたり、血圧やコレステロール値の上昇、
循環器や冠動脈疾患にも繋がります。

アンドリオールと違って肝臓で代謝されるため、
肝臓への負担もあります。

※アンドリオールは肝臓への負担が軽減されているという話について
>>アンドリオール副作用肝臓<<


以上のように、アナポロンは効果の面でも副作用の面でも最強の薬なのです。


>>アナポロンの詳細はこちら<<





どうすればモテる身体を手に入れられるか知っていますか?

チャンピオンプロテインマンが莫大な時間をかけ、膨大な知識を詰め込み、試行錯誤し、
検証した結果生み出された最強筋肉増強セットを用途別に分け、リストにして公開しています。

>>誰も語らなかった、モテる身体への方程式!!<<
>>最強筋肉増強セット、目的別人気No.1まとめ<<

この記事にコメント

*

トラックバックURL

肥満