クレアチン副作用頻尿クレアチンオーバーロード

2013.7.30|クレアチン クレアチンオーバーロード 目的から探す 瞬発力を持続させたい 種類から探す

このエントリーをに追加

クレアチン副作用頻尿クレアチンオーバーロード


クレアチンには副作用があるの!?


どーも!
チャンピオンプロテインマンです。


クレアチンオーバーロードは、
クレアチンとタウリンを
補充するためのサプリメントです。


>>クレアチンオーバーロードの詳細はこちら<<


クレアチンはアミノ酸の一種で、食品では肉や魚を元にして、主に腎臓で作りだされます。
ただ、充分な量のクレアチンを体内で生成するためには、大量の肉・魚を摂取しなければならず、
そのため、運動選手の間ではサプリメントでの摂取が行われています。


クレアチンは禁止薬物でないこともあり、
近年では、オリンピック出場選手のおよそ8割が
クレアチンのサプリメントを使用していると言われています。


素人が健康のために使用する場合も多く、
このように幅広く利用されている理由には、
安全性の高さがあると言えます。


ある研究レポートでは、大量のクレアチン投与の副作用として、
下痢、尿の量の増加、筋肉の痙攣などの症状が報告されていますが、
これらの副作用は正しいクレアチンの摂取によって、
軽減することができたり、防ぐことができます。


クレアチン副作用頻尿クレアチンオーバーロード



まず、下痢はクレアチンを効果的に吸収できていない場合に起こります。
これではクレアチンの効果も期待できません。
対策としては、クレアチンの吸収を助けるインスリンを分泌させることです。


インスリンは体内に糖質(炭水化物)を摂取することで分泌されるので、
クレアチンを食後に摂取するようにします。
また、出来る限り小分けにして摂取することで、吸収が容易になるため、
毎食後に摂取するようにすると良いです。


次に、尿量の増加です。
クレアチンは体内で代謝され、クレアチニンという物質に次第に変化していきます。
このクレアチニンは老廃物であるため、尿とともに排出されます。
これが尿量が増える理由です。


これはクレアチンを摂取する以上、ある程度は仕方のない副作用です。
ただ、用量を守って、大量に摂取しなければ、かなり軽減することはできます。


筋肉の痙攣については、クレアチンの作用によるものです。
その作用とは、水分を引き込む作用です。
これによって水分不足が起こり、結果的に痙攣や肉離れが起きてしまいます。


これを防ぐためには単純に充分な水分をとれば大丈夫です。
充分な水分補給をすることで、クレアチンの効果も高まります。


このように、しっかりとした知識をもって利用すれば、
副作用を回避でき、自然と効果も引き出すことができます。


そのため、副作用は、クレアチンを正しく摂取できているかの指標ともなります。


クレアチンは販売しているメーカーや製品によって、
少しづつブレンドが違いますし、使用する人の体質によっても
効果を引き出すための摂取法は、水の摂取量など微妙に異なってきます。


そのため実際に使用してみて、その体験の中で、
自分に合うよう摂取量、摂取法を工夫して下さい。


>>クレアチンオーバーロードの詳細はこちら<<




どうすればモテる身体を手に入れられるか知っていますか?

チャンピオンプロテインマンが莫大な時間をかけ、膨大な知識を詰め込み、試行錯誤し、
検証した結果生み出された最強筋肉増強セットを用途別に分け、リストにして公開しています。

>>誰も語らなかった、モテる身体への方程式!!<<
>>最強筋肉増強セット、目的別人気No.1まとめ<<

この記事にコメント

*

トラックバックURL

肥満