プロテインアミノ酸併用チャンピオンプロテイン

2013.9.19|チャンピオン・ピュアホエイプロテイン ホエイプロテイン 目的から探す 種類から探す 筋肉をつけたい

このエントリーをに追加

プロテインアミノ酸併用チャンピオンプロテイン


プロテインとアミノ酸を併用してもいいの!?


どうも!
チャンピオンプロテインマンです。


御存知の通り、ダイエットや、フィットネス向上のためのトレーニングに
最も多くの人が使用しているサプリメントはプロテインです。


>チャンピオン・ピュアホエイプロテインの詳細はこちら<


しかし、以前の記事(チャンピオンピュアホエイプロテインアミノ酸違い)で
プロテインに加えて、またはプロテインの代わりとして
アミノ酸(BCAA等)を摂取する人もいるということを話題にし、
その中でプロテインもアミノ酸も同じものだとお伝えしました。


もう一度簡単に説明すると、
・筋肉をつくるタンパク質の主成分がアミノ酸である
・タンパク質はアミノ酸に分解されてから吸収されるため、
アミノ酸を摂取した方が吸収が早い
・アミノ酸はタンパク質の原料になる以外にも独自の効果をもつものがある
(BCAA-分岐鎖アミノ酸-はそのひとつの例)


それでは今回は、プロテインとアミノ酸を併用したい場合、
どのように飲むのが効果的なのかをお伝えします。


この話をする前に、「ペプチド」というものについて少し触れます。
ペプチドはアミノ酸の形態のひとつで、
アミノ酸が複数くっついている状態のことです。
そのため、分子量がアミノ酸単体よりも大きくなります。


ここで、プロテイン、ペプチド、アミノ酸を分子量の小さい順に並べてみます。

アミノ酸<ペプチド<プロテイン

これがそのまま吸収スペードの早い順になります。


そのため、トレーニング直前やトレーニング中など、すぐに吸収させたい場合、
アミノ酸を摂取すべきということになります。


また、トレーニング直後はアミノ酸もしくはペプチド、
食事の後などすぐに吸収させる必要がないタイミングにはプロテインを飲むのがベストです。
このように吸収スペードの違いという特徴に合わせて摂取するのです。


プロテインアミノ酸併用チャンピオンプロテイン


ちなみに、アミノ酸とプロテインを同時摂取することも問題はありませんが、
吸収の遅いプロテインが、吸収の早いアミノ酸の吸収を妨げる恐れがあるため、
できれば時間を開けて摂取するのが無難です。


摂取量はそれぞれの製品の注意事項に習い、慣れてきたら少し変えていけば良いかと思います。


さらにアミノ酸については、その効果を考えて必要なものを摂取するようにしてください。
今回はアミノ酸の効果までは触れません。
また機会があれば追々まとめようと思いますのでお楽しみに!


>チャンピオン・ピュアホエイプロテインの詳細はコチラ<




どうすればモテる身体を手に入れられるか知っていますか?

チャンピオンプロテインマンが莫大な時間をかけ、膨大な知識を詰め込み、試行錯誤し、
検証した結果生み出された最強筋肉増強セットを用途別に分け、リストにして公開しています。

>>誰も語らなかった、モテる身体への方程式!!<<
>>最強筋肉増強セット、目的別人気No.1まとめ<<

この記事にコメント

*

トラックバックURL

肥満