DNSクレアチンメガローディングアルファプラス腎不全副作用


クレアチンは腎臓に負担がかかるってホント!?


どーもこんにちは!
チャンピオンプロテインマンです!


DNSクレアチンメガローディングアルファプラスは、
クレアチンを効率よく補充できるDNSのサプリメントです。


>>クレアチンメガローディングα+の詳細はこちら<<


クレアチンとは、アミノ酸の一種で、タンパク質になるアミノ酸ではありませんが、
瞬発力を最大化できたり、筋肉疲労の回復に役立ちます。
そのため、プロテインやBCAAと共に摂取することで、トレーニング効果を高めることができます。


クレアチンは体内にもともと存在している成分ですが、
大量に摂取すると副作用を引き起こす場合があります。


特に言われるのが、内蔵への負担、とりわけ腎臓への負担です。


クレアチンは筋肉中にエネルギーとして保存された後、
代謝物であるクレアチニンに変化し、体外に尿として排出されます。
そのため、クレアチンを摂取すると尿が増え、
その結果腎臓への負担がでてきます。


DNSクレアチン腎不全副作用


規定量を摂取したぐらいでは、基本的には重大な病気に繋がることはありません。
ただし、腎臓病をお持ちの方の場合は注意が必要です。
クレアチン摂取は控えた方が無難で、摂取する場合は医師に相談して下さい。


腎臓への負担は過剰摂取すると重くなります。
そのため、体内のクレアチンレベルをMAXにするためのローディングは
行わない方が負担が軽く、安全にクレアチンを摂取していけます。


ローディングは必ず行うという情報もありますが、実際には必ず必要というものではなく、
規定量を1ヶ月摂取すれば体内のクレアチンレベルを最大にすることができます。


もし、すぐにMAXにする必要があり、ローディングをしたいという場合には、
ローディング後に休息日を取るなど、摂取サイクルを決めて、腎臓を休めるようにしてください。


そもそもクレアチンと腎臓への負担の関連度はそれほど高くはなく、
規定量の摂取であれば安全に使用していくことができます。
焦らず、自分の身体に合わせたペースで摂取していくことが大切です。


摂取の方法については、クレアチンオーバーロードのページにもまとめてありますので、
そちらも参照して下さい。

クレアチン摂取の方法
↓ ↓ ↓
クレアチン摂取方法ローディングクレアチンオーバーロード


ちなみに、紹介しているDNSクレアチンメガローディングα+は、
同じDNSというメーカーから出ている「クレアチン」よりも価格が高いです。


その理由は、「α-リポ酸」が配合されているためです。
これによってクレアチン吸収がより効率的に行えて、
お腹を下すという副作用を回避しやすくなり、
さらにクレアチンの効果も最大限発揮することができますので、
少々高くてもこちらの方がオススメです。


サプリメントでしっかり身体をメンテナンスして、
トレーニング効果をアップさせましょう!


>>クレアチンメガローディングα+の詳細はこちら<<




どうすればモテる身体を手に入れられるか知っていますか?

チャンピオンプロテインマンが莫大な時間をかけ、膨大な知識を詰め込み、試行錯誤し、
検証した結果生み出された最強筋肉増強セットを用途別に分け、リストにして公開しています。

>>誰も語らなかった、モテる身体への方程式!!<<
>>最強筋肉増強セット、目的別人気No.1まとめ<<

この記事にコメント

*

トラックバックURL

肥満